ルノーF1、eスポーツのチーム『Renault Sport Team Vitality』を設立 – F1-Gate.com



F1 ルノーF1 eスポーツ

ルノーF1は、フランスのTeam Vitalityと提携してeスポーツのチーム『Renault Sport Team Vitality』を設立したことを発表した。

Renault Sport Team Vitalityは3名のプレーヤーを起用。2018年にロケットリーグに参戦するとともに、F1公式大会である“Formula 1 eSports Series”への参戦を目指す。

ルノーF1は、Renault Sport Team Vitalityのプレーヤーと技術スタッフをエンストンとイングランドのF1ファクトリーで養成。チームメンバーはF1バドックの環境での作業になれるために専門家と会う機会もあるという。

Team Vitalityは、新しいプレイヤーを支援するために様々なカテゴリーのチャンピオンの専門知識をもたらす。

またeスポーツの参入にあたり、アディダス、HP、ボルヴィック、Canal+といったオフィシャルパートナーを獲得。大会でのプレーヤーのチームウェアにロゴが掲載される。

ルノー・スポーツF1のマネージングディレクターを務めるシリル・アブテブールは「モータースポーツのゲームとの間に存在する結びつきは明白だ。激しい競争環境ではメンタルの強さと体力が必要とされる」とコメント。

「昨年のFOMによるFormula 1 eSports Seriesのエキサイティグな立ち上げは、その2つの世界の融合を加速させ、コラボレーションの機会をもたらした。我々のドライバー、特にルノー・スポール・アカデミー・プログラムの一員とVitalityのチャンピオンたちはベストプラクティスを利用できる。この分野での我々の目標は、F1と同様にライバルにリスペクトされ、恐れられるチームを長期的に構築していくことだ!」

F1では、Formula 1 eSports Seriesを開催するとともに、将来のF1のレギュレーション変更をeスポーツを用いてバーチャル環境で評価している。

F1チームのマクラーレンは、同社が開催したeスポーツ大会『World’s Fastest Gamer』で優勝したオランダ出身のルディ・ヴァン・ビューレン(25歳)とF1公式シミュレータードライバー契約を締結。また、フェルナンド・アロンソはeスポーツのレーシングチーム『FA Racing G2 Logitech』を設立している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー



Related Post