高齢ドライバー見守りサービスを中古車販売店で提供…オリックス自動車が日産店で – レスポンス



オリックス自動車は、日産自動車の正規中古車販売店にて、高齢ドライバー見守りサービス「あんしん運転 Ever Drive」の取り扱いを2月13日より開始した。

昨今、新型車には最新の安全装置が搭載されているが、中古車の安全装備はモデルや車両の年代によって様々。オリックス自動車では、安全装備の有無を問わず、誰もが安全に運転できる環境を備えるため、また特にシニア層の安全運転をサポートすることを目的に「あんしん運転 Ever Drive」を日産の中古車販売店を通じて提案する。

同社では、2006年よりテレマティクス技術を活用した法人向け自動車IoTサービスの提供を開始し、現在約15万台の車両に装着している。その実績とノウハウを生かし、2017年2月に個人向けの運転見守りサービスとして「あんしん運転 Ever Drive」を開発し提供を開始。高齢となった両親の運転を見守りたい子世代の顧客のほか、高齢ドライバー本人や自動車運転に不慣れな家族がいる世帯からも高い関心を得ている。

あんしん運転 Ever Driveは、見守りたいドライバーの車に専用車載機を取り付け、危険な運転挙動や、車両の現在位置、走行軌跡などの運転状況をリアルタイムで可視化。各種データは家族で共有し、いつ、どこで、どんな危険挙動が発生したかを地図上で確認できる。また、過去データから運転時間の推移を比較することで、認知症などによる行動変化にも気づきやすくなる。

今回、中古車販売店にて、車というハード面だけでなく、運転というソフト面でも安全サポートを図ることで、より安心して運転できる環境を構築する。利用料金(税別)は月額2980円で1年契約、以降1か月ごと自動更新。



Related Post